お麻つりストラップ

古来から麻は、日本の文化の中で大事な役割をもって使われてきました。
神社仏閣の注連縄や鈴縄に使われているのがその一つで、神事には欠かせないものです。

鈴を吊るすのに麻の繊維を使うのは"麻が吊られる"ということから、魔が吊られて無くなるという意味があるようで、罪、穢れを麻を通して祓うものとされています。

また 麻吊り → マツリ → お祭 へと変化していったとか。

七色の麻糸と水晶のペアで魔がなくなりますように。
【素材】
・水晶 金平糖型
・麻ひも

【長さ】
・約4cm

【ご注意】
・麻ひもの色の出方で商品のイメージが 異なる場合がございます。
・強く引っ張りすぎないようご注意下さい。
型番 OS-001
販売価格 3,500円(内税)
購入数


おすすめ商品


サヌカイト龍(中)

144,000円(内税)


金比羅大権現(小)

144,000円(内税)


金比羅大権現(大)

210,000円(内税)


サヌカイト龍(小)

88,000円(内税)
SOLD OUT









Top